内臓脂肪ダイエットの食事

松屋でプレミアム牛めしを食べましたが、普通の牛めしと何が違うか良く分からなかったぽにょパパです。

ダイエットをしている人の中には、より健康になるために内臓脂肪を減らしたいという人がいます。ダイエットで内臓脂肪の燃焼を促進するためには、食事内容を変えることが第一歩です。自分の生活習慣や体質を把握し、それに合わせてダイエットの基礎をこなしていくことが、内臓脂肪を減らす鍵です。人間の体は、空腹状態が長く続いた後に食事をすると、生き残るためにできるだけたくさんのカロリーを脂肪として蓄積しようとする性質があります。内臓脂肪ダイエットをしたいのであれば朝昼夕しっかりと食べましょう。食事は塩分控えめにすることもポイントです。しょっぱい食事は胃酸の分泌を促進しますので、よりたくさん食べたくなります。高血圧の原因にもなりますので、薄味がおすすめです。和食の頻度を増やしたり、夕食を軽くするなどして食べやすい食事にしましょう。できればランチでも軽いものにしていきたいものです。1週間の献立をまとめて、必要な栄養や成分を摂取することができているか調べてみるといいでしょう。きのこ、わかめ、野菜類となど大目に摂取するようにします。野菜、きのこ、海草類など様々なものを摂取しなれば、ダイエットと両立ができる食事をすることはできません。食材の中には、脂質が多いためにダイエット時には避けたほうがいいものもあります。ロース肉やバラ肉は高カロリーなため、ヒレ肉を食べる人もいます。甘いものの摂りすぎにも要注意です。気分転換に時々食べるぐらいなら良いのですが、普段は糖分をあまり摂取しないようにしましょう。内臓脂肪ダイエットを成功させるには、より内容の検討が必要になります。

善玉菌を増やして内臓脂肪を燃やす

腸内細菌の概要と、善玉菌の増やし方について

腸内に生息する腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌があります。善玉菌は食べ物の消化・吸収を促進させる菌で、代表的なものはビフィズス菌や乳酸菌です。一方、悪玉菌は食べ物を腐敗させ、有毒ガスを発生させます。代表的なものは、ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌です。

健康的な人の腸内は、善玉菌が20%、悪玉菌が10%の割合で生息しています(残り70%は中立的な日和見菌です)。このバランスが崩れ、悪玉菌が善玉菌の数を上回ると、便秘やお腹の張りなどのトラブルを引き起こします。たかが便秘と思われがちですが、腸内に溜まった便は、やがて有毒物質を発生させます。この有毒物質は腸壁から体内へと吸収され、さまざまなトラブルや病気を引き起こします。便秘で肌荒れを起こした経験がある人もいると思いますが、これは便から発生した有毒物質が原因であると考えられます。最悪の場合は、大腸がんなどの深刻な病気を引き起こす可能性があります。

常に腸内バランスを正しく保つためには、積極的に善玉菌を増やす必要があります。最もオススメする善玉菌の増やし方は、乳酸菌を多く含む発酵食品を取り入れることです。代表的な食品は、ヨーグルトや納豆、キムチなどです。ただし、乳酸菌は酸性に弱く、胃酸で死んでしまう可能性があります。ヨーグルトの種類によっては、腸まで乳酸菌を届けてくれるものがあるので、そういうものを選んで積極的に摂取することが大切です。

次に、食物繊維を取ることも効果的です。食物繊維は、善玉菌のいわばベッドのようなもので、善玉菌が増殖するのに快適な環境へと導きます。水溶性食物繊維であるワカメなどの海藻類を使ったサラダがオススメです。また玄米は白米より、圧倒的に食物繊維を多く含むので、一日一食だけでも玄米に置き換えると効果があります。 このように便秘は、健康トラブルを引き起こす可能性があります。腸内バランスを正しく保つためには、発酵食品や食物繊維を日常に取り入れることが大切です。

内臓脂肪ダイエットの運動

毎日の食事の他、内臓脂肪のダイエットをする時に心がけたいことは何でしょう。運動をすることは、ダイエットには必須です。どんな運動をして体重を減らすと、蓄積されている内臓脂肪が燃やせるものでしょうか。運動の種類は様々ですが、特に内臓脂肪のダイエットをする時には有酸素運動をするとよいと言われています。有酸素運動は酸素を燃焼させエネルギーにしながら継続的にできる運動のことで、ジョギングやエアロビクス、自転車こぎなどです。酸素を取り込みながら行う運動なので酸素が体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼してくれます。酸素をあまり取り入れずに激しい運動を行うと乳酸という物質がたまり疲れてしまいます。長い時間をかけて運動ができることも、有酸素運動のいいところです。ウォーキングは、軽い気持ちで始められる有酸素運動です。専用の施設や器具がなくても、誰でも気軽にできることがウォーキングのいいところです。年齢や性別を選ばずに挑戦できます。自分一人でできる運動であることや、時間を問わずにできることもうれしいところです。毎日の生活習慣の中で、交通機関の移動距離を短くして徒歩移動の距離を伸ばしたり、階段を積極的に使うこともおすすめです。内臓脂肪ダイエットでは、歩き方をきちんとすることもよいといいます。なるべく大股で背筋をのばし視線をまっすぐに腕は大きく振るように意識して歩くのがポイントです。最初のうちは一日30分程度で、徐々に歩く距離や時間を延ばしていくといいでしょう。有酸素運動による運動を日々の生活に組み込むことで、内臓脂肪のダイエットがうまくいきます。

内臓脂肪ダイエットの必要性

内臓脂肪を減らすダイエットに力を注ぐ人は少なくないようですが、内臓脂肪を減らすことは健康にいいのでしょうか。内臓脂肪が多い人は、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの症状が出やすいといいます。インスリンが動きづらくなる悪玉物質が内臓脂肪によって活発になるため、糖尿病の危険性が上がります。内臓脂肪が多い体は、血栓をつくりやすくするPAI−1の活動も活発にします。全身に作用すると脳梗塞などの重大な疾患を引き起こすこともあるでしょう。内臓脂肪によって動脈硬化の可能性が上がるのは、内臓脂肪は平滑筋を血管の中でつくっているためです。内臓脂肪は、皮下脂肪と比較して代謝が高いために、皮下脂肪よりも多くの物質を作るという性質があります。内臓脂肪をダイエットによって減少させると、数々の健康効果があるというのは、この様な理由からです。増えやすく、減らしやすいのが内臓脂肪の特徴です。使いたい時はすぐ使え、簡単に貯めることもできるものです。内臓脂肪ダイエットをすることで、健康増進効果が期待できます。とくに男性の肥満は生活習慣病につながりやすく、女性の肥満よりも健康面への悪影響が大きいといいます。ダイエットは女性しかいないものというイメージを抱いている男性もいますが、お腹がちょっと気になっているなら、内臓脂肪ダイエットがおすすめです。